子猫を飼うにあたり、迷われている方や飼育自体に不安のある方もいらっしゃると思います。
お迎え前に、少しでもお迎え入れの不安を解消できれば幸いです。

新しいご家族をお迎えする前に

新しいご家族をお迎えするにあたり、ご自身が親であり飼い主になる自覚をもって接することをお約束ください。
猫ちゃんは生涯を通して、パートナーとなる飼い主様のことをたくさん知ろうとしてくれます。
匂いをかいだり、イタズラしたり、時には噛んでしまったり…。
猫の取る行動にはすべて理由があります。
飼い主様も大切な新しいご家族のことを知る機会をたくさん設けてください。

よくあるご質問 お困り事 Q&Aも合わせてご確認ください。

Q&Aはこちらから

私が専属のブリーダーです。

ご挨拶
キャットブリーダーの沢辺 雅斗と申します。
子猫期の衛生面とお世話には特にこだわり、1頭1頭家族のように接しています。
「ビークラブ猫店の子猫は性格がとても良い!」とお声をいただける程お世話の質にはとことん追求し研究しています。
これからも元気な子猫を素敵な飼い主様の元へお届けするためにスタッフ一同尽力して参りますので宜しくお願いいたします。

子猫の飼育時の注意点

お迎えしてから注意すること

◎環境の順応と生活
まずは環境に慣らすことから始めます。猫の幼少期はとっても愛らしくいつまでも見ていられますよね。ですが、お迎えしたての猫ちゃんにとっては「ここはどこだろう?」の困惑した状態です。その状況でたくさん遊ばせてしまったりお家の中を自由に探索させてしまうと、思わぬ場所でケガや体調を崩してしまう原因になってしまうことも。
~お迎えしてから1週間は我慢~
お迎えしてから約1週間~10日間はサークルから出さず環境に慣れさせることから始めましょう。
ご飯をしっかりと食べ始め、排便や排尿の状態が常時良好になったころ、少しずつ目の行き届く範囲内で探索をさせてください。
※この時にクッションや紐などを噛んで誤飲や爪とぎをやってはいけない場所でしてしまわないか様子を確認してあげましょう。

◎ご飯を食べない時
お迎えして1日目、2日目は環境が変わった影響で緊張して食欲が落ちてしまう(まったく食べない)場合があります。落ち着ける環境でゆっくりと慣らしてあげましょう。心配な気持ちは分かりますが、あまり構いすぎないようにしましょう。
2日目以降も食欲が出ない場合は、ふりかけや粉ミルクを少量フードにふりかけて「香り付け」をしてください。匂いにそそられて食べ始めればグッドです。それでも食欲がない場合は動物病院へご相談ください。

◎逃走の防止
ご自宅に慣れてきたころに起こりうる事例として逃走による事故があげられます。
玄関やベランダ等、慣れてきた環境で遊びながら飼い主様について行ってしまうこともございます。
~しつけと対策~
網戸破り…文字通り網戸を破ったり、爪で引っ掛けて開けてしまう手法です。網戸は引っ掛かりが多く、一度開け方を覚えてしまうと何度も繰り返してしまいます。ホームセンター等で販売している網戸ストッパーをご利用ください。
玄関から逃走の機会を伺う…玄関先をじっと眺めている時は注意。玄関周りや玄関マットの上を踏ませないようにしつけを行うと近寄らなくなり安全です。

飼育前に必ず用意するもの

◎猫専用サークル(猫のおうち)
しつけやお留守番の必需品。成猫になっても「ここがおうち」の習慣をつけることによって、猫にとってのテリトリー(安心できる場所)を確保することができます。

◎ベット
猫用のクッションタイプベットやドーム型ベットがおススメです。

◎爪とぎ
ストレス解消や自身の健康チェックの為に毎日の習慣で行います。
1カ所は必ず用意してあげましょう。麻縄タイプがおすすめです。

トイレ・猫砂
猫トイレは猫ちゃんが今まで使用していた形や深さを考慮してお探しください。
猫砂は当舎で使用していたニオイの付いた猫砂を少量お渡しいたします。(ニオイ付けのため)水に流せて固まるタイプの猫砂が使いやすいのでおすすめです。

◎キャットフード
総合栄養食の表記があるもので素材やカロリーが適切な物をお選びください。当猫舎では当社限定販売のオリジナルキャットフードを子猫時期から与えております。

◎食器
ご飯用とお水用の2点のご用意が必要です。素材はステンレスや陶器などのこぼしにくい食器をおすすめします。
お水はこぼしてしまう可能性があるので「給水機 シンプルオアシス」がおすすめです。

◎除菌・消臭
子猫期は菌に対する耐性が少ないため、手の消毒はもちろんのこと、お使いの用品や器具も除菌してください。
消臭スプレーとして使用できる「ジョキング消臭除菌」がおすすめです。

◎当社オリジナルのスターターセット
飼育初めの用意は当社オリジナルのスターターセットにお任せ!
今まで子猫ちゃんが使用していた使い慣れている猫トイレや猫砂、ベッド等の用品をそのまま再現。
環境の変化による負担を少しでも軽減。

環境に慣れてから用意するもの

おもちゃストレス解消にはうってつけ。お留守番の際に遊び道具があるとグッド。
子猫期は歯の抜け替わりや甘噛み抑制のためデンタルケアの硬めのおもちゃがおすすめです。(布やタオル類は誤飲の恐れがあります)
ブラッシングブラシ猫ちゃんとのコミュニケーションは日頃のケアから。
スリッカー、コーム、ピンブラシを使用して日常の習慣にしてあげましょう。
おやつ幼少期からおやつを食べてしまうと主食である総合栄養食のご飯を食べてくれなくなる恐れがあります。
生後12か月齢くらいまでは我慢です。
移動用キャリーケージキャリーケージでの移動は生活するうえで多くはありませんが、災害時や緊急時に使用する可能性も考慮してハードタイプのキャリーケージをお一つはご用意いただくことをおすすめします。
シャンプー抜け毛や皮膚の洗浄を目的として定期的にシャンプーケアをおすすめします。香料が少なく低刺激のものをお選びください。
部分的(肉球やお尻周り)な洗浄は水で流さないシャンプーをおすすめします。

ビークラブの安心保障

当猫舎でお迎えいただく猫ちゃんは獣医師による健康診断、ワクチン接種、お腹の虫下し、皮膚被毛のケア(シャンプーや投薬予防)がすべて完了した猫ちゃんのみお譲りしております。
ですが、猫ちゃんは生き物です。お迎えいただいてからの環境の変化によっては体調を崩してしまう可能性がございます。下記の保障内容をご確認ください。

<健康保障>
お迎えした本猫が生活する上で重大な支障をきたす先天性疾患を6ヶ月以内に発見した場合、当店指定の獣医師の判断のもと、同等の子猫と無償にてお引き替えいたします。
※お引き替えさせていただいた子猫は当猫舎にて快適な生活が送れるように最善を尽くすことをお約束いたします。
(2019年現在:保障使用件数 0 件)

<医療保障>
お迎え日より2週間以内の動物病院への通院は、当店指定動物病院に掛かることを条件に、当方にて医療費を全額負担いたします。
保障期間中の病気やケガにより通院期間が保障期間を過ぎてしまう場合、医療保障の範囲内として全額負担いたします。
但し、当方の指示通りではない飼育環境や、飼い主様の過失が原因の病気やけがは除きます。
※遠方からお越しの方やお引越しのご予定がある方は「ペット保険」をおすすめします。

<生命保障>
本猫がお迎え日より6か月以内に不幸にも亡くなってしまった場合、お譲り価格の相場の半額にて代猫としてお譲りいたします。

ペット保険

当店は「アニコム損害保険」「アイペット損害保険」の保険代理店です。
万が一の病気やケガに備えて「ペット保険」をご検討されている方は是非一度ご相談ください。
専門スタッフがご自宅の環境や猫種によって最善のご提案をいたします。

ペット保険・動物保険はアイペット